一瞬で女性の興味を引く方法 ~ピークテクニックを使いこなせ~

あれっ?

何だろう?

え?気になる!

と、相手の興味をそそる言葉を投げかけ、相手に自分の意見を聞いてもらうことができれば次の段階へと進みやすくなります。

無視されたり、興味を持たれなければその時点でアウト!です。

ピークテクニックを使って、相手を一気に引きつけてしましょう。

 

ピークテクニックの効果

ナンパで女の子を立ち止まらせる時に、

「ね、ね、ね、7秒だけ俺の話を聞いて!?」

と言って、女の子を立ち止まらせるためにわざと中途半端な時間を言って興味をそそらせます。

当然7秒では何もできませんが、ピークテクニックによって女の子を立ち止まらせることには成功しています。

また、フランスの名作映画「勝手にしやがれ」の中で主人公のこんなセリフが出てきます。

「1秒だけ待ってくれ」

「8秒待って笑わなければ・・・」

いずれも相手の興味を引くためのもので、ここでもピークテクニックが使われています。

わざと中途半端な時間を設定することによって、興味や好奇心を刺激することができます。

ちなみに「ピーク」は、興味をそそるという意味です。

 

アメリカの心理学者サントスが、通行人にお金を借りる実験を行いました。

一方の学生は単に

「小銭を貸して」

と頼み、一方の学生は、

「17セント貸して」

と頼みました。

結果は、「17セント」の学生は半数近くの通行人からお金を借りることに成功し、「小銭を貸して」の学生は、ほとんどお金を貸してもらえなかったというものでした。

なぜここまで結果が違ったのかというと、「17セント」という中途半端な金額に通行人は興味をそそられたからです。

中途半端な金額を提示するには、きっと何か理由があるのだろうと思ったのです。

人の関心を引きたい時にピークテクニックを活用すれば、かなりの確率で相手を自分のペースに引き入れることも可能です。

恋愛だけでなく、仕事にも活用できるテクニックです。

1aea0423eed34b4dc2de9dc829a6923c_s

ピークテクニックの活用例

ピークテクニックは会話の中だけでなく、メールやLINEでの会話でも応用できます。

私が今考えてみました。

●「1分と15秒でいいから時間をくれない?」

そんな短時間でできることは限られていますが、会話の流れを変えるには十分な時間です。

別の話題に変えてしまえばこっちのもの。

 

●「2日と8時間30分あればやってみせる」

実際は2日でできるものも、わざと細かい時間設定をすることで、相手の印象に強く残ります。

この人は何かこだわりを持っている人なのかも?

と思ってもらえるかもしれません。

 

●「あと23メートル歩いて右向いてみようか」

目的の方向に相手を誘導したい時、もう少し一緒にいたいなどの時に使えます。

少し先に2人の帰る方向が別々の時に、自分(右)方向に誘導するなど。

軽いノリでホテルに誘う時など。

 

●「俺に勝つには100年と10日早い!」

この人少し面白いかも?と思ってもらえるかもしれません。

単調なLINEにメリハリを加えたい時などにはスパイスになるかもしれません。

 

●「俺の身長は、172センチと3ミリくらいかな?」

上と同様に、普通に答えてもつまらないので、あえて細かい数字を答え、女の子からのツッコミに期待します。

 

会話の中でポンポンと上手く出てくるまでに使いこなせるようになれば良いですが、最初はメールやLINEなどで練習するのも良い方法だと思います。

ピークテクニックは使い慣れてくると、面白いほどに効果のあるテクニックです。

しかも意外と簡単にできます。

ぜひトライして下さい。


関連記事


おすすめ記事