女の子を驚くほど簡単にデートに誘う方法

あなたが女の子をデートに誘うとしましょう。

その時あなたはどのようにデートに誘いますか?

「デートして下さい!」

と正面切って誘いますか?

でも、撃沈したらどうしますか?

そんなOKが出るかどうかも分からないような無謀な賭けに挑むのも良いでしょう。

しかしデートのオファーの確率を高める方法があるとしたら、そのコツを知っておいた方が良いですよね。

そんなお話をしたいと思います。

 

女の子はデートに対してそれほど抵抗が無いという事実

あなたが女の子に嫌われていないことが前提にありますが、 男が思っているほど実は女の子はデートをすることに対して抵抗はありません。

女の子は退屈な日常から連れ出してくれる何か(誰か)を求めているのです。

休日にヒマをもて余しているタイミングに魅力的な誘いがあれば、

行ってみようかな♪

と思うものです。

ということは、あなたが女の子に対して魅力的なオファーを出せばOK が出る可能性は十分にあると言えます。

ただ1つの注意点を除いては、ですが。

 

勘違い野郎になってはいけない

多くの男性はこう思っています。

デート=付き合う

又は付き合う前提。

しかし女の子はデートをそこまで重く受け止めてはいません。

デート=ヒマだったし誘われたからOKした

先に書いたように、デートに対する壁は低い代わりに、デートにやってくる意識もそれほど高くない場合が多いです。

ここを理解しておかないと、

意気込みすぎて初デートに告白⇒撃沈

という結果になりかねません。

これが勘違い野郎になってはいけないという意味です。

男と女にはデートに対する意識に開きがあることを理解しておきましょう。

 

女の子のメリットにフォーカスした誘い方で確率を高める

さて、それではどうやって女の子をデートに誘うかということですが、前述したように、

「デートして下さい!」

と言うのはもはや告白しているのに近いため、女の子も身構えてしまいます。

デートにOK する=付き合うととらえられるのではないかと思う訳ですね。

そうではなく、もっと相手のメリットにフォーカスした誘い方をすればOKが出やすくなります。

スイーツが好きな子であれば、

「新しいカフェがオープンして、そこの抹茶パフェが美味しいらしいよ。一緒に行かない?」

パスタが好きという情報があれば、

「驚くほど美味しいパスタのお店があるんだけど、一緒にどうかな?」

このように誘います。

女の子の目的は食事ですが、あなたと一緒に行くことになる訳ですから、あなたにとってはデートに行くことと同じです。

さらに女の子がOKせざるを得ないテクニックとして、どちらかを選択させるというものがあります。

「○○と○○のどっちがいい?」

という聞き方です。

選択肢が無ければ相手はyes・noの決断をしなければなりませんが、2択ならどちらか良い方を選ぶことができます。

さらに、自分が選んだという意識を持たせることができます。

どちらを選んでも、結果はあなたとデートに行くことになりますので、あなたは望んだ結果を得られることになる訳です。

 

女の子との距離を縮めようと思ったら2人の時間を作ることが必要です。

この方法を使えば、女の子に身構えさせることなくデートに誘うことができます。

さらに普通にデートに誘うよりも、遥かに高い確率で成功できるはずです。

ぜひお試し下さい。


関連記事


おすすめ記事