好きな女の子と恋愛関係に発展する魔法の質問とは?

あなたに意中の女の子がいて、普通に会話ができる関係にあるとします。

もしそうなら女の子に今回の質問をしてみて下さい。

きっと今より親密な関係に発展させることができるはずです。

何の意識もなくだらだらと会話だけを続けていても、なかなか恋愛に発展することはありません。

恋愛に発展するにはそれなりの仕組みがあります。

あなたが女の子と友達関係ではなく恋愛関係に進展させたいなら、その仕組みを知って、あなたがそれを仕掛ければよいのです。

サイト内の関連記事:女性との距離を劇的に縮めるための会話術とは?

関係が深まる質問についての実験

心理学者のアーサー・アーロンがこんな実験を行いました。

初対面の男女をA.B2つのグループに分けて、次のような会話をするような指示を出します。

  • Aグループには普通の質問をさせあう
  • Bグループには特殊な質問をさせあう

という内容の実験です。

その結果、Aグループの男女は会話が終わった後は、アッサリと解散した人がほとんどでした。
対してBグループの男女は、また会いたいと思う気持ちが強く、お互いの連絡先の交換をする男女が多かったのでした。

この実験から、男女の親密度を高めるためには特殊な質問を用いた会話をすることがポイントだと言えます。

この質問による会話を女の子に対して行えば、あなたと女の子の心理的距離を一気に縮めることができますね。

それでは各グループが行った質問とは具体的にどのような質問なのでしょうか?

各グループに行った質問内容とは?

Aグループの質問

  • 家族の名前や年齢について
  • 最後に一時間以上歩いたのはいつ?
  • デジタル時計とアナログ時計、好きなのはどちら?

どれをとっても当たり障りのない質問ばかりで、時計についてはどうでもいいレベルの質問ですね。

Bグループの質問

  • あなたにとって完璧な一日はどんな一日ですか?
  • もし朝目覚めた時に超能力が備わっていたとしたらどんな能力がいいですか?
  • あなたの一番大切な思い出は何ですか?
  • これまでで一番恥ずかしかった体験は?
  • 世界中の誰かを夕食に招くとしたら誰を招きますか?
  • あなたの人生において、恋愛とは何ですか?
  • 最後に泣いたのはいつですか?

どの質問も少し考えさせられる内容で、かつその後に会話が広がりやすい質問です。
超能力の話なんて、お互いにワクワクした気持ちになれて、会話が大いに盛り上がりそうですね。
過去の思い出や体験について話すということは、相手がどのような人でどのような考え方を持っているかをお互いが理解きるので、過去の話や幼少の頃の話をお互いに話し合うことができれば、二人の距離はグッと近づくでしょう。

泣いたのはいつ?という質問は、その時の感情を思い出すことになります。

その涙が感動によるものか、悲しみによるものかは別にして、その時の感情を呼び起こすことに成功しています。

人と人が仲良くなるには感情を共有することが必要です。

楽しかったことや悲しかったこと、感動したことを話題にすることによって、お互いの気持ちを理解し合うようになります。

そして最後になりますが、女の子は恋愛話をするのが大好きです。

仲の良い女の子同士が集まれば、必ずと言ってよいほど恋愛話が始まります。

女の子と恋愛についての会話をする機会があれば、じっくりと話を聞いてあげましょう。

恋愛話をすることにより、楽しかった気持ちや好きだった気持ちがあなたに投影され、あなたと恋愛関係に発展しやすくなります。

まとめ

女の子との心理的距離を縮めるには、当たり障りのない会話をやめて、特殊な会話をすることです。

特殊な会話とは、空想の話、過去の話、感情を思い出させる話、恋愛話などです。

今回の記事中で、あなたが採用しやすいものを女の子との会話にぜひ取り入れてみて下さい。

女の子との距離が一気に縮まることをきっと実感できるはずです。


関連記事


おすすめ記事