恋愛対象となる女性が周りにいない?多くの女性と知り合うための秘策11選

可愛い彼女を作りたい、できれば結婚したい!と思っても対象となる女性が身の回りにいないと嘆いている方には今回の記事をヒントにして女性と出会ってほしいと思います。

ただ人は変化を嫌う生き物です。

この方法はあなたが今までやってこなかった方法もきっと含まれていると思います。

ですがまずは騙されたと思って試してみて下さい。

新しい世界が開けてくるかもしれませんよ。

 

ねぜ多くの女性と知り合う必要があるのか?

あなたがどのような男性なのかは分かりませんが、女性は男性側が思っているほど容姿にこだわりはありません。

イケメンでなくても大丈夫という訳です。

※ただし清潔感は必要

女性が5人いれば、あなたのことを気に入ってくれる子が1人はいるであろうと考えることができます。

5人という数字に自信がなければ10人でも良いでしょう。

ただ、その子が自分の好みであるかどうか、すでに彼氏がいる、すでに結婚している、などの場合が考えられるので、知り合う女性はもっと多いほうが良いですね。

従って、50人を目標に新規の女性と出会う方法を考えていきましょう。

ただ50人と一気に知り合いになるというのはなかなか難しいので、5人の女性がいるグループ、コミュニティに自分が所属し、それを10グループ持つという考え方が自然でしょう。

それではこれから10のコミュニティを紹介しますが、これをヒントに

「だったらこれもイケんじゃね?」

などご自身で応用して考えていくと、さらに多くのコミュニティが思いつくと思うので、参考程度にお付き合いください。

女性が多いコミュニティと言えば料理教室

料理が上手になりたい女性がターゲットです。

このコミュニティのメリットは料理好きな女性と知り合いになれること。

家庭的な女性が多いと予想されます。

デメリットは料理教室に通う生徒のほとんどが女性なので、どこか気恥ずかしいと思うかもしれません。

でもそんなのは最初だけ。

「料理上手な男になりたくて入りました。よろしくお願いします!」

と爽やかに言って好感度を高めておけば良いです。

家事のできる男はモテる傾向にありますからポイントも高いですよ。

ワイン試飲会のコミュニティは女性比率が高い

ワインに興味のある女性が多く集まる都会派、または都会的な女性に憧れる女性が集まるコミュニティです。

あなたがお酒好きならワインの試飲会に行けば、自然と女性と話をするチャンスが生まれるでしょう。

ワインの知識がなくても心配はいりません。

最低限のマナー的なことだけを調べておき、会場では「ワイン初心者」という体で女性に簡単な質問をすることで会話に繋げることができます。

たとえワインのことを知っていたとしても、知識をひけらかすような男より、知らないことは知らないと素直に言う方が好感を得られます。

ふだんは口下手でもお酒の力を借りられるのがワイン試飲会の良いところ。

盛り上がったら2次会にも期待できますね。

ボランティア、清掃活動などのコミュニティは摺れていない女性と出会えるチャンス

若い女性の比率は低いかもしれませんが、地域愛の強い地元の女性と知り合うには最適なコミュニティです。

参加している女性は様々ですが、わがままな女性の比率が低い傾向にあり、さらに美人比率が高い穴場的なコミュニティです。

こんないい子が?と思うような女性と出会えるのが魅力です。

飲食店アルバイト

女子学生と簡単に出会うなら飲食店は鉄板です。

キレイな店員さんだな~と思っていた子もスタッフになれば簡単に会話ができる関係になれます。

日曜日にガッツリとシフトを入れている子は彼氏いない率が高いようです。

閉店後にスタッフ同士でご飯を食べに行ったりと仲良くなれるチャンスも多いです。

女性比率の高い学校に入学

モテたいと思うなら女性比率の高い専門学校、特殊学校に通うのがてっとり早くて簡単です。

例を挙げると、アパレル、ペットトリマー、ネイル、美容、理容などの専門学校は女性比率が劇高です。

ボルダリング

ボルダリングが話題になってずいぶん経ちますが、今でも女性が一度はやってみたいことのランキングに上がっています。

身体を引き締める効果があると思われているからでしょう。

ボルダリングの良いところは、クライミングしている人を応援する文化があるところです。

たまたま同じ時間になった女の子であっても、「頑張って!」と応援することは当たり前。

自分が登っている時にも周りにいる人たちが応援してくれることもあります。

お互いに励まし、声を掛け合った仲になれば、損の後の会話も自然にできるでしょう。

参加している女の子もほとんどが初心者ですから、ボルダリングの腕前は必要ありません。

始めて参加した、ということを利用して、女の子との会話を楽しみましょう。

英会話教室

海外に興味のある女性が集まるコミュニティです。

あなたが全く海外に興味が無い場合は難しいですが、今は日本にいてもその気になれば外国人と会話をする機会は十分にあります。

ネイティブの外国人先生に女の子と一緒に学ぶと会話のチャンスには困りません。

カリキュラム中に生徒同士で英会話をする機会なども多くあり、会話の内容からお互いのことを知るきっかけにもなります。

街コンに参加

今は下火になった街コンですが、見た目がそこそこで、会話がある程度できる男性にとって、街コンは出会いの場として今でも役に立つでしょう。

ただ女性側のモチベーションは低い傾向にあるので、こちら側が十分にリードしてあげる必要があります。

気の利いたエスコートやマナーを心得て挑むことが望ましいですが、それほど気負わずに参加してみれば良いと思います。

会場では連絡先の交換だけにしておいて、後で合コンやバーベキューパーティを開催するなど、次に繋げることを第一に考えると心に余裕が生まれるのでお勧めです。

婚活パーティに参加

婚活パーティに参加する女性は結婚願望が高い女性が多いため、あなたが男性参加者の中での平均レベルをキープできていればカップルになれるのはそれほど難しくありません。

婚活パーティには多くのパターンがありますが、安心できるのは全国チェーンのある大手の婚活パーティ運営会社の行うものが良いでしょう。

個人が主催するパーティは、人数割れが原因でサクラが用意されているケースが多いので注意が必要です。

大手のパーティなら大人数を手際よくこなすノウハウもあり、会話がスムーズにできるようなツールが用意されているのでお互いに安心して参加できます。

大手の婚活パーティはどこも似たようなシステムなので、一度参加すればコツが掴めると思います。

男性の参加者のレベルはそれほど高いものではありません。

え?そんな恰好で参加するの?

という男性もいたり、明らかに髪の毛洗ってないよね?

という方がいて、15対15のパーティだとしても、それらを除けばライバルは7,8人に絞られます。

きちんとした身なりで普通の受け答えができれば、最低2分の1くらいの確率でカップルになれます。

2回参加すれば、ほぼカップルになれるでしょう。



ここまでご紹介したものは地域に根差したコミュニティでした。

実際に会って行動や会話を共にしたコミュニティがメインでしたが、そもそも女性と会話するだけで緊張したり、田舎だと上記のようなコミュニティ自体が無かったりする場合もありますよね。

ここからは自宅でも外出中でも出会える、インターネットを使ったコミュニティをご紹介します。

ネットの良いところは対面ではないので、じっくり考えてから会話することができる点です。

容姿に自信がなくても会話が苦手でも、実際に会うまでに十分会話を交わしておけば、そのようなマイナス要素はクリアできます。

また互いに表情が見えないために、積極的になれるという方も多いです。

ネットを使ったコミュニティにもチャレンジしてみて下さい。

 

今話題のペアーズはイイネがつきやすいコミュニティ

フェイスブックに紐づけて登録できることから信頼性が高いとユーザーに認められたため、非常に人気のコミュニティです。

他の出会い系サイトは胡散臭くて敬遠していた女性も、ペアーズにはそれほど悪いイメージを持っていないようです。

そのため会員数が多く、続々とユーザーが増加しているコミュニティです。

ペアーズはイイネがしやすいのが特徴で、長い文章のメールを書かなくても、気に入った女性にイイネだけしておけば、女性からイイネを返してくれることが多く、イイネをきっかけに会話が続きやすい仕組みとなっています。

男性は多少の月額会費はかかりますが、どこかのコミュニティに所属すれば何らかのお金はかかるものです。

そう考えれば多くの女性と出会えるチャンスをを月2,000円ていどで得られるなら決して高いものではないと思います。

 

婚活サイトへの登録

真面目に結婚相手を探したい方や、女性と真剣にお付き合いしたい方にとって、婚活サイトは便利なコミュニティです。

プロフィールが充実しているので、希望の女性が探しやいのが特徴です。

写真とプロフィールが最も大事なので、ここは気合を入れて内容を充実させましょう。

婚活サイトによっては勝手に相手を見つけてくれるサービスもあります。

お互いの希望に合った異性をマッチングさせてくれるサービスが多少のお金で利用できるなら使わない手はありません。

▶▶婚活サイトの大手はこちら

まとめ

出会いのない今の生活から抜け出すにはなんらかの行動を起こさなければいけません。

この記事があなたのモチベーションを上げるきっかけになれば嬉しいです。


関連記事


おすすめ記事