過去を引きずる男、未来を見る女

女性と楽しく話をしようと思った時に、過去のことについての話題と未来のことについての話題、あなたはどちらが女性に好まれると思いますか?

 

結論から言うと、女性は昨日のことより明日のこと、つまり未来のことについての話が大好きです。

男は過去に付き合った女性のことを細かく覚えていて、思い出に浸ることもよくあります。

また仕事上の実績を誇りに思い、何かあるごとにそれを持ち出すのも男性に多いと言えます。

 

対して女は過去に付き合った男のことなんかキレイさっぱりと忘れているものです。

もちろん別れたばかりならへこみますが、吹っ切れた時には過去の男の思い出ごとどこかへふっ飛ばしてしまいます。

女性にとって、自分の失敗談なんかはもっとも出したくない話題のひとつです。

 

同様に、女は自分に直接関係の無いあなたの過去にも意外なほど寛容なものです。

あなたが過去、どんな人間であったとしても、受け入れてくれる女はいるのです。

例えばあなたが元ヤンで、地元では有名なワルだった。

中学までは一人も友達がいなくて、学校では一日誰ともしゃべらなかったこともザラであった。

イジメにあっていた過去がある。

貧乏すぎて公園の草を食べていた。

などなど。
(※半分は私のことです)

あなたに人に言えない過去があったとしても、例えそれが彼女に知られたとしても、女というのは未来を見たがる生き物なので、それほど気にする必要はありません。

それよりも明日を語って、明るい未来を見せてあげることが大事です。

逆に女性の過去について、まるで尋問のようにほじくり返して聞くようなバカなまねは止めておいた方が良いでしょう。

女は過去にこだわる男に好感を持つことはありません。

過去の栄光にすがる男も同じです。

 

私の先輩にかなり女にモテる人がいました。

秘訣を知りたくなった私は、一体どうやって口説いているのか、先輩に聞いてみたことがあります。

すると先輩の口説き方にはあるパターンがありました。

そのパターンとは単純で、

「自分の未来を熱く語る」

というものです。

ある程度相手からの好意を感じる場合には、自分語りで未来を見せることは有効だと言えそうです。

 

些細な未来を見せる

女性は多かれ少なかれシンデレラ願望を持っています。

実際に叶わないことであっても良いのです。

夢を見させてあげることがポイントです。

それはほんの小さなことでも有効です。

例えば、
「今度ご飯おごるよ」

「今度ケーキ買ってくるから」

実はこれ、私の口ぐせです。

本当にご飯に行くこともありますが、実際は3~5回に1回くらいです。

毎回行ってると財布が持ちませんからね。

彼女らも本気にしていないので大丈夫です。

なぜそんなことを言うのかは先に書いたように、ささやかな明るい未来を見せるためです。

彼女らの気持ちも明るくなり、自分の印象も上がります。

リップサービスのようなものですが、あなたの回りに女性がいるなら一度その効果を確かめるために言ってみて下さい。

必ず良い反応を得られるはずです。

あなたの周りにも1人くらいいませんか?

女性にできそうもない約束をする男が。

それは言い換えれば、明るい未来を女に見せているとも言えます。

画家志望で貧乏な男になぜか彼女がいるのも、その男が女に対していつも夢を語る(未来を見せる)ことにより、女はそれに惹かれ別れられないのです。

そしてこれは女の扱いの上手い男が使う常套手段であることもつけ加えておきます。

 

まとめ

 

女性が喜ぶ会話は未来についての内容を意識し、過去についての話をなるべく聞かないのがベターです。

未来の話は夢のような話でも良いので、彼女が喜びそうなことで会話を膨らませていくのが楽しく話をするコツです。


関連記事


おすすめ記事