おとなしくて無口な女性と楽しく会話する方法

女性との会話術

女性に好感を持ってもらいたいなら相手の話をよく聞く「聞き上手」になりましょう!と聞いたことがあるでしょう。

当ブログでもこちらの記事で女性との会話のコツを紹介しています。

ですが、実際にやってみると上手くいかない場合も・・・。

特に相手の女性が話好きなタイプではなく、大人しい無口なタイプの女性だと会話が続かなくて困ったことがあるはず。

今回は大人しい無口な女の子との会話術をお届けします。

彼女との心の距離を埋めること

大人しい女性であれ、明るくおしゃべりな女性であれ、あなたと初対面やそれに近い関係の場合はこちらも相手も緊張しています。

お互いのことがよく分からないので当然です。

そんな状態の女の子に話を振っても会話は続きません。

逆にお互いのことが分かっていれば、女性は基本的に話を聞いてほしいと思っていますから、スムーズに会話が弾むことでしょう。

会話が弾まないのは心の距離があるからではないか?とまずは疑ってください。

ではその心の距離を埋めるにはどうすれば良いのでしょうか?

それはあなたの方から自己開示をすることです。

といっても自慢話をしてはいけませんよ。

どちらかというとドジな話、失敗談、失恋話などをしましょう。

女性側からすると、「この人ってこんな一面があるんだ」「こんな考え方をする人なんだ」と分かって安心してくれるようになります。

こうして先に自分の本来は隠しておきたい一面をさらけだすことによって。女性も自分のことを話しやすくなり、心の距離も徐々に埋まってくるでしょう。

彼女の会話のテンポに合わせること

まずは女の子との心理的距離を埋めることは、会話を弾ませる上でとても大事なことですが、それと同じくらい大事なことが会話のテンポを合わせることです。

テンポだけでなく、声の高さやノリ、テンションを全て女性に合わせることが意外に大事なことなんですね。

自分と同じペースで会話をしてくれる人には安心感を覚えるものです。

女の子によっては次の言葉が出てくるまでに5秒、場合によっては10秒くらいかかる人もいるかもしれません。

その「間」を待ってあげて下さい。

まるで漫才のように早口でしゃべり倒す人には早口で合いの手を入れる方が良いでしょうが、話すこと自体がゆっくりしている人に対しては、こちらも相手のペースに合わせ、ゆっくりと会話をするのが良いです。

相手のテンポによっては沈黙が訪れることもあるでしょうが、それが彼女の会話のペースであれば、沈黙も会話のうちと思って付き合ってあげて下さい。

大人しい女性であっても、自分の話を興味深く聞いてくれる人には好感を抱きます。

今まで大人しい女性と会話が続かないと思っていた男性は、沈黙が怖いあまり相手の女性の話が出てくる前に自分から先に話を切り出していたのかもしれません。

しかしそうなると

「この人とは会話のペースが合わないな・・・」

と思われたり、自分ばかりしゃべる人、という烙印を押されることになります。

そうならないためにも、相手の会話のテンポやテンションを注意深く感じ取り、自分もそのペースに合わせるという会話術を身につけて下さい。

大人しく、無口な女性との会話術まとめ

人にはそれぞれ快適な会話のペースがあります。

大人しくて無口な女性には、変にテンションを上げて盛り上げようとせずに、その女性に合ったペースで会話をしてあげましょう。

もしかしたら沈黙が何度も訪れるかもしれませんが、沈黙を味方につけるつもりで女性との会話を楽しんで欲しいと思います。

▶沈黙を味方につけて女性と会話する方法

コメント

タイトルとURLをコピーしました