吊り橋効果が絶大な威力を発揮した成功例

女性と出会うまで

吊り橋効果ってご存じですか?

わりあい有名な理論なので、知っているという方も多いですが、私はこの理論を実際に使ってその効果を体感したことがあります。

私の体験談をお話する前に、吊り橋効果について簡単に説明しておきます。

道端で出会った男女より、吊り橋の上で出会った男女の方がお互いを意識し、カップルになる確率が高いというものです。

吊り橋の上は不安定で、おまけに地上から高さがあります。

そのために普段より心臓の鼓動が早く(ドキドキする)なります。

そのドキドキと、異性に対するトキメキの違いを脳は区別することができないため、吊り橋の上で出会った異性に特別な感情を抱くという訳です。

これを恋愛に応用すると、デートコースで遊園地を選択し、ジェットコースターに一緒に乗る。

お化け屋敷に一緒に入る。

これらは有効な手段であると考えられますね。

吊り橋効果を実際に経験

さて、私の吊り橋効果が見事にハマった成功体験のお話になりますが、この話はまだ私が恋愛についての研究を始める前のお話のため、意図してこれを行った訳ではありませんでした。

後から振り返って考えた時に、

「ああ!そういうことだったんだ!」

と思ったのです。

>>夜のヨットハーバーでの事件

その日は暑くも寒くもない夏の終わりの夜でした。

お目当ての子をどこかに誘いたかったのですが、まだ二人で遊びに行くような仲ではないために、警戒されないような上手い誘い方はないかと思っていました。

そこで、

「みんなで夜の海に遊びに行こう」

と提案し、私とお目当ての子、そしてヒマをもて余している友人、の3人で私の車で海に向かいました。

3人いると会話も途切れず退屈しないものです。

友人が一緒にいるために、彼女もリラックスしているようでした。

海に着くと、そこは公園内がヨットハーバーになっていて、波に揺られるヨットが良いムードをかもし出していました。

私たち3人は暗がりの道をしゃべりながら歩いていたところ、どう見ても長い間放置されているであろうと思われる車が停まっていました。

私は面白いところを見せたくなって、停まっている車の後ろから屋根に上がり、ボンネットまで歩き、車から飛び降りました。

「着地!9.99!」

などとくだらないことを言っていたその時です。

いきなりその車の中から人が出てきたのです!!

まさか人が乗っているとは思わなかった私たちは驚いて、猛ダッシュで逃げました。

暗がりなので、相手が追いかけてきているかどうかも分からなかったのですが、とにかく3人で全力で走りました。

言うまでもなく3人とも心臓はバクバクで、逃げ切った後は3人で笑いました。

その日は二人きりになるタイミングがなかったために告白などはできませんでしたが、あのドキドキを共有したことによりお互いが意識しあうようになり、間もなくその子と付き合うことができました。

車の上に乗ることをお勧めする訳ではありません。

ではありませんが、今思えばあのハプニングが吊り橋効果そのものだったと私は確信しています。

女性の感情を揺さぶるということ

他にも考えればドキドキの演出ができると思います。

絶叫系の乗り物、お化け屋敷、ホラー映画、USJのホラーナイトというイベント、etc・・・

友達の関係から1歩踏み出したいと思うなら、女性の感情を揺さぶることが必要です。

いつまでも友達として接していると、それが当たり前になってしまい、自分のことを異性として見てくれなくなります。

そのきっかけとして、今回紹介した吊り橋効果は威力を発揮します。

女性はドラマティックな出来事が大好きです。

ドキドキしたいのです。

あなたの気になる彼女を落とすためのプランに、ぜひ組み入れてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました