奥手な男性がカワイイ彼女を作るために取るべき戦略

恋愛テクニック

奥手な男性は女性と会話をしたり自分をアピールするのが苦手です。

ですが、そんな奥手男子でも女性にモテることは可能です。

なぜなら人の好み、嗜好はとても幅広いものだからです。。

「草食男子」という言葉が流行ったように、真面目で浮気の心配がないという理由で奥手な男性の方が好きな女性も多く存在しますので心配はいりません。

ただ、気になる女性がいるならば自分という存在をアピールし、認知させる必要があります。

奥手な男性が自分をアピールする方法

自分をさりげなくアピールする方法はいくつかありますが、まずは女性のいるグループ(例えば合コン)や2人で食事するなどのシチュエーションが無ければ始まらないので、そうした環境にいることを前提としてお話します。

奥手なあなたは女性から見れば大人しい印象を見られていると仮定します。

そこであなたが狙うのは、気になる女性に対して男らしい一面や頼りがいのある一面を見せること。
いわゆる「ギャップ」を感じさせることが大事です。

ギャップに惹かれるのは男も女も同じ

人は、〇〇なのに〇〇、という格差に惹かれる習性があります。

よくAVのタイトルにもありますよね。

  • ナースなのに〇〇
  • 女子高生が〇〇しちゃった
  • 清楚系なのに裏では〇〇

これらのタイトルを見せられると、なぜか興味が湧いてきて、「中身を見てみたい!」
と思うはずです。

女性とのやりとりの中でギャップを取り入れて、自分をアピールしてみましょう。

奥手な男子がギャップを感じさせる方法

お店で食事をする際に、あなたは女性をスマートにエスコートしたとしましょう。

大人しく無害な草食系に見えるあなたは、女性からすると完ぺきなエスコートなど期待されていない状態。

ですが、予想に反してあなたは女性との食事のために、あらかじめきちんとお店の予約を取っていました。

そしてお店に着いたら車のドアを開けてくれる気の使いようです。

小さな階段があれば、女性が転ばないように手を差し伸べてくれます。

お店のドアはあなたが開けて女性を中へ誘導(もちろんレディファースト)

店員さんは予約しているあなたと女性を待たせることなく席へと誘導します。

女性の席はお店を広く見渡せる壁側のソファで、あなたは通路側の椅子。

食事は美味しくて、あなたは女性の話に耳を傾けてくれ、決して否定することはありません。

常に笑顔で頷きながら、
「そうだね、僕もそう思うよ」
「それは辛かったね・・」
「え~!?良かったじゃん」
などと共感してくれます。

初めはあなたに対して何も期待していなかった女性でしたが、食事が終わるころにはあなたへの印象はガラリと変わりました。

意外と頼りがいのある人!?

面白くなさそうな人と思っていたけど、そうじゃなかった!?

この人って本当はどんな人なんだろ?

この日をきっかけに、女性からあなたを見る目が180度変わりました。

あなたのことを「男」として意識するようになったのです。

これがギャップの持つ力です。

ギャップを使うコツとNG例

ギャップを上手く使うと劇的に相手を引き込むことができます。

しかしむやみに普段の自分と違うことをすれば良いというものでもありません。

ポイントは女性への気遣いや優しさがあるかどうかです。

また隠していた特技を自慢げに女性に公開することをギャップとは呼びません。

それは単なる自己満足で、女性に最も嫌われる行動の1つです。

あなたの行いが女性を心地よくするための行動なのか、それとも単なるあなたの自己アピールなのか。
ギャップを狙う際の判断基準として持っておくと良いでしょう。

奥手な草食男子こそギャップを利用すべき

先の例はでき過ぎだと思いますか?

しかし普段から女性慣れしている男が同じことをしたとしても、それほど大きなプラスポイントにはなりません。

なぜならそこにはギャップがないから。

真面目で大人しいと思われている男がやるからこそギャップなのです。

例に出したシチュエーションでなくても、女性と一緒にいる時にぜひともギャップの演出にトライして下さい。
・気が利かなそうなのに完ぺきなエスコート
・気が回りそうに見えないのに、急に雨が降ってきた時のために折り畳み傘を持っている
・夜になって、ちょっと夜風が気になるなと思った瞬間にあなたの上着をかけてくれた
・人混みではぐれないように手を握ってくれた

他にいくらでもありますよね。

女性に常に気を配っていれば自然にできるものばかりで、決して難しくはありません。

奥手なあなただからこそ、口ではなく行動をもってギャップを与えることが可能になります。

上手く使えばあなたの評価は急上昇するはずですよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました