女性を褒めて好意を持たれる方法とロジック

女性との会話術

褒められて嬉しくない人はいない。

でも口下手な男は褒めることが大事だと分かっていても、面と向かって言えない人が多いのではないでしょうか。

そこで口下手な男性でもできる女性が喜ぶ褒め方と、褒めることによって自分に好意を抱くようになるロジックを解説したいと思います。

効果的な褒め方を上手く使って目当ての女性を彼女にしましょう。

褒めるとは相手を認めることの最上位形

相手とコミュニケーションを取る中で、最も上位に位置するのが相手を褒めるということ。
ちなみに最も良くないのは無視。

無視はコミュニケーションにすらなっていませんよね。

次に良くないのは相手をけなす、悪口を言う、です。

人は常に認められたいと願っている

マズローの欲求5段解説では4番目にくる欲求で、比較的上位に来るもので、以下のようになります。
①生理的欲求
②安全の欲求
③所属と愛の欲求
④承認の欲求
⑤自己実現の欲求

欲求は①から⑤の優先順に並んでいます。

低い順から欲求が満たされていくと次の欲求が現われるといった具合です。

日本で生きている普通の人々は①~③まではある程度満たされている状態の人が多いと思われますが、順番が上がるごとに難易度も上がっていきます。

相手を褒めるという行為は

④承認の欲求を満たすこと、になります。

承認の欲求をは2つに分かれる

自己の自己に対する評価の欲求と、他者からの評価に対する欲求です。

相手を褒めるという行為は他者からの評価に対する欲求となり、具体的には評判や信望、地位、名誉、優越、承認、重視などを求める欲求です。

他人から良い評価をして欲しいと思っているということですね。

相手の望んでいることを与えると喜ばれるのは当たり前のこと。

ぜひ相手の女性を褒めてあげて下さい。

女性から学ぶ「褒めるコミュニケーション」

あなたもきっと聞いたことがある女性同士の会話でこんなやりとりがありますね。

相手の持ち物を見て「あ!この色かわいい~」

髪型を変えた相手を見て「その髪型かわいいね」

とにかくなんでもかんでも最後にはかわいい~!なのですが、そこはこの際置いといて、大事なのは相手の持ち物や変化に気づき、それを相手に伝えていることです。

私はあなたのことを見ていますよ、ということが伝わりますよね。

そして間違いなくその後には会話が続きます。
「そう?ありがとう!」
「どこで買ったの?」
「〇〇で買ったの」
「〇〇行ったことある~あのお店ってかわいいものが多いよね」
「そうそう!あれとこれで迷ったんだけど・・・」

などの会話が容易に想像できます。
髪型の会話なら
「そう?ありがとう!ちょっと切りすぎたかな?」
「全然そんなことないよ、似合ってる~」
「いつもの美容師さんにお勧めされたから思い切って切っちゃった」
「春らしくていいと思う。私も切ってみようかな」
「え~〇〇ちゃんの髪の毛、キレイだからもったいなくない?」
「でも~~・・・・」

と延々とお互いを褒めあいながら会話が続きそうですね。

まさに褒めるコミュニケーションの応酬!

女性はこうした会話を日常的に交わしていて、それが普通になっています。

女性はファッションや美意識が男性よりはるかに高く、それがお互い分かっているためにパッと見た瞬間から目についたところをお互い褒め合うのがもはや常識となってるのです。

それが良いコミュニケーションを築くことがお互い分かっているからで、女性は無意識にやっていること。

特別なことではありませんが、私たち男性にはない常識ですね。

しかしちょっと意識すれば私たち男性にもできることばかり。

女性同士の褒める文化に習い、相手を褒めることから始めれば女性との会話が驚くほどスムーズに進んでいくことでしょう。

褒めると好意を抱かれるしくみ

会うたびにあなたが相手の女性を褒めていると、女性はあなたと会えば気分が良くなると思うようになります。

そして次にあなたと合うのが楽しみになります。

これは心理学で言うところの「接近行動が強化される」と言います。

犬の行動に例えると、頭を撫でてあげると犬は次に会った時に尾を振って近づいてくるようになります。

犬の頭を撫でて可愛がることが犬の接近行動を強化することになる訳ですね。

それは人も同じで、会うたびに褒めていると女性はあなたに会う度に気分がよくなるため、近づいてくるようになるという仕組みです。

犬と同じにするな、と言われそうですが接近行動の強化という点では犬も人も同じです。

あなたも会うたびに嫌味を言われる人とは会いたくないですよね。

どうせなら自分を褒めてくれる人に会って、気分良くなりたいと思うのは自然なことです。

女性に効果的な褒め方

どうせ褒めるなら女性が喜ぶ褒め方をしたいですよね。

効果的なのは彼女が褒めて欲しいポイントを褒めることです。

そしてほとんどの女性に言えるのが以下の2点。
・持ち物を褒める
・性格や中身を褒める

この2点は鉄板と言ってよいでしょう。

どちらかと言えば10代から20代前半の女性には持ち物を褒めるのが効果的。

20代後半以上の女性には性格や中身を褒める方が効果的です。

どちらにしても、褒めるタイミングは会った瞬間がベスト。
会ったその時にすかさず
「このバッグ、センスいいね」
「そのスカーフかわいいね」

など、まずは目についたものを褒めるようにしましょう。

褒められて気分の上がらない人はいないし、少なくとも気分が悪くなる女性はいません。

女性と会う時の初めのひと言はほめ言葉からる。

ぜひ習慣づけて下さい。

効果的な褒めかたその2

パッと見てすぐに褒め言葉が浮かばない時もあるでしょう。

そんな時に使える効果的な褒め方をご紹介します。
それは
・自分以外の人を使って褒める
です。

自分の言葉ではなく、みんなが褒めていたといって教えてあげるのです。

この方法なら自分では思っていてもなかなか言いづらい褒め言葉も言えてしまいます。
「都会的な美人だとみんなが言っていたよ」
「まるでモデルのようなスタイルとみんなが言っていた」

これは本当にみんなが言っていなくてもOK

あなたが思っていることを「みんな」に置き換えて行ってしまっても良いのです。

こうして第3者が言ったようにすることによって説得力が増します。

さらに好都合なのが、みんなが言っていたことであって本人である彼女に伝えたのがあなたであれば、あなたの印象が良くなるところです。

好ましい情報を伝える人には好印象を覚えるため、結果的に彼女はあなたと会うたびに良い気分になります。

まとめ

褒めることの重要性が理解できたらさっそく実践です。

褒めることの良いところは失敗しないところ。

初めは家族や男性が相手でも良いでしょう。

手ごたえを感じたら次はお目当ての女性を褒めてる。

そしてそれを会うたびに繰り返しましょう。

実践していくうちに彼女はまたあなたに会いたい、会って褒められたい、良い気分になりたいと思うようになり、次第に好意を抱くようになるでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました